TOP > スポンサー広告 > title - 歪笑小説TOP > 読書日記 > title - 歪笑小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ

歪笑小説

歪笑小説 (集英社文庫) 文庫 – 2012/1/20
東野 圭吾 (著)


小説家って食っていくの大変なんだなあ
編集者ってサラリーマンなんだなあ
噺家のお話にも同じような仕組みがあったっけ


売れる作家が売れない作家の分も稼いで
業界全体を引っ張っていく
売れない作家は出版社に当分食わせてもらう


作家は稼げないからやめなよ


一見そんなメッセージに思えるこの小説
でもちょっと待て
東野先生だって社会人経験があったはず


すぐれた作品が売れる作品になるとは限らない
でも売れる作家の書いた本は売れる


あっそうか
わかったよ
サラリーマン編集者が気に入る
つまり売りやすい本を提供できれば
作家としてやっていけるということだ


たしか別の本でも東野先生は語っていた
年に3本以上コンスタントに書いていけそう
って見通しが立ったから作家に専念した


さらっと言ってのける


でもそれならイメージできる
企画書、稟議書、提案書、報告書、事業計画書、始末書・・・
社会生活の経験があれば
何か文章の一つや二つ書いたことはあるだろう


しょっちゅうアホやって
始末書量産しているうちに
始末書のプロが誕生だ


東野先生は社会人になる前から
小説書いてて
量産化のめどが立った


そんな背景があってこの小説なのかと思うと
自分の置かれている出版界の状況を
赤裸々に語ったのもうなずける


そしてエールを送る


こんな出版界だけど
覚悟があるなら俺が食わせてやる


だから小説書いてみろ
小説量産できるよう腕磨け

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

歪笑小説 [ 東野圭吾 ]
価格:669円(税込、送料無料) (2016/8/11時点)


■楽天 → 【東野圭吾】著作一覧
■アマゾン →  【東野圭吾】著作一覧
関連記事

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。