TOP > スポンサー広告 > title - 失敗の本質―日本軍の組織論的研究TOP > 読書日記 > title - 失敗の本質―日本軍の組織論的研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ

失敗の本質―日本軍の組織論的研究

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫) 文庫 – 1991/8
戸部 良一 (著), 寺本 義也 (著), 鎌田 伸一 (著), 杉之尾 孝生 (著), 村井 友秀 (著), 野中 郁次郎 (著)


最近企業の不正のニュースが多い


これくらいいいじゃないか
立場というものがある
今はまだ伏せておいたほうが良い
エトセトラ、エトセトラ・・・


自分の意見は後回しで
上司や同僚の意見や面子を尊重し
たとえまずいと思っても
自分で過ちに気が付くまで見守っていよう


プランもなければ方針も周知徹底されず
いざとなったら気合と根性
組織の勝敗よりも個人との関係を見てしまうのは
口にすることで恥をかかせてはいけないから


自分の周辺の関係性が崩れたら
連携が途絶え機能しなくなるから
負けの責任を自分で背負えるなら
それでもかまわない


腹を切ったって
組織の敗北の責任取ったことにはならない
でも腹を切れば潔しという
個人の世界で生きている


組織の世界では生きていない
鷹揚に許してしまう
許さないまでも指摘しないでしまう


何も変わらない
何も変わっていない
何も変わっていかない


出る杭を恐れ
触らぬ神を貫き
組織の過ちを傍観し


結局自分が傷つくのが怖い
孤立するのが怖い


まあ組織が自分の献身を
評価してくれそうもないんだから
当然の結果なんだけど


one for all all for oneなんて
ありえない


家族のために父ちゃん頑張り
家族のために母ちゃん頑張る
せいぜいこんな感じ


ほほえましいけど
組織のためを思うなら
家族の枠を広げないと
頑張る方向考えないと

失敗の本質 日本軍の組織論的研究
価格:823円(税込、送料別)




関連記事

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。