TOP > スポンサー広告 > title - メッカを撃てTOP > 読書日記 > title - メッカを撃て

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ

メッカを撃て

メッカを撃て (集英社文庫) 文庫 – 2000/6
A.J. クィネル (著), A.J. Quinnell (原著), 大熊 栄 (翻訳)


 こんな話良く思いつくなあ。
国同士の覇権争いを、スパイを通じて行うわけだが
文化も手法も皆それぞれ。


計画も壮大なら
それを一つずつこなしていくスパイたちもまた優秀。
私もこんな世界に生きてみたいような、
みたくないような、やっぱりみたくないな。


印象的なのは
「理由が2つあってはダメなのか?」
というセリフ。まあ読んでみてよ。


メッカを撃て [ A.J.クィネル ]
価格:668円(税込、送料無料)


■楽天 → 【A.J.クィネル】著作一覧
■アマゾン →  【A.J.クィネル】著作一覧
関連記事

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。